ファミリー層にぴったりな一戸建て住宅の設備は

お風呂には余裕を

一戸建て住宅だからこそ、ファミリーでは広い浴室が大切です。さまざまなコミュニケーションの場にもなってきますが、小さなころは一緒に入浴することもあるでしょう。さまざまな話をすることになり、多くの思い出につながっていきます。その時に、できるだけ大きなスペースを取っておけば、窮屈な思いをすることもありません。貴重な時間を取るということでも、リラックスできるスペースにするということでも、広く作ることにメリットがあります。

一戸建て住宅では、ある程度規格に沿って作ることが必要になることもありますが、実際に現物を見てみないと何とも実感がわかないことも珍しくありません。一般的なサイズとして考えると、1帖サイズまで大きくすることができれば、足を伸ばすことができるようになっていくでしょう。

余裕を持たせるというのであれば、1.25帖になれば洗い場まで余裕を持って作ることができるようになります。図面を見た時にどこまで余裕があるのかは、この面積計算でわかるようになるでしょう。

設備としては、追い炊き機能があれば生活時間が変わってきても利用しやすくなります。年齢が上がってきたときを考えれば、床暖房を備えておくことで、ヒートショック対策にもなりますので、考えておくと便利です。